自分の家を持つということは一般のサラリーマンにとっては一大決心です。
たぶん人生に中で一番大きな買い物は何かと聞かれたらそれは住宅と答える人が大半だと思います。
かつて日本も今のようにデフレではなくインフレの経済状況で家やマンションも年々値上がりした時代がありました。
人口は増え今のように人口が減っていく状況とは真逆の状況でした。
そんな時代では住宅価格も値上がりして中古住宅であっても購入した時の価格よりも高く売却できたと言うようなこともできたのです。
完全に土地や建物は資産としての価値があったのです。
今ここで住宅を購入しよう、あるいは住宅を新築しようとした時、購入した価格よりも高く売却できるということは考えにくい状況です、住宅ローンを組む場合もその返済原資に給料をあたるのは当たり前のことですが、会社を解雇されると言うこともあります。
また夫婦で共働きをしていて、その2人の給料で返済すると言うことを想定している場合子供ができたりして奥さんが勤めをやめなければならないケースも想定しなければなりません。
デフレ経済のもとで大きな買い物をする場合はある程度のお金をためて足りない分をローンを組むと言うスタンスが必要です。